BCAAの効果とは!? 飲むタイミングは?? トレーニング前?トレーニング中?

一般的にはあまり馴染みがないかもしれませんが、筋トレをしている方ならおそらくよく耳にするでしょうBCAA。

しかしプロテイン等のサプリメントに比べると、効果や飲むタイミングがいまいちわかりにくいかもしれません。

ワークアウトを行う上でのBCAAの必要性や飲むタイミングをこれから見ていきましょう。

BCAAとは

BCAA とはBranched Chain Amino Acidsの略称で、日本語では分岐鎖アミノ酸と言われています。

BCAAはバリン・ロイシン・イソロイシンから構成されており、これらは必須アミノ酸と言われ、自分で体内で生成できないものです。



BCAAの効果

BCAAの主な効果として知られているのは以下の

  • 筋タンパク質分解の抑制
  • 筋タンパク質合成の促進
  • 疲労軽減

などです。

トレーニングを行っている間、体は糖質(グリコーゲン)や脂質などをエネルギーとしながら動きます。

また筋肉中のBCAAを分解することによって、それをエネルギー源とします。


つまり、自分の筋肉を分解して、トレーニングのエネルギーにしているという事です。


そこでBCAAを摂取し体のBCAA量を高めることにより、筋肉中のBCAAが分解され、筋タンパクの分解を抑制してくれます。



つまり、BCAAがトレーニング中のエネルギーになるという事ですね。

筋トレ翌日の疲労感の軽減にも役立つという事が分かっています。

BCAAを補給することにより筋タンパク質の分解が軽減されることが、筋肉に疲労感を残さないという事にもつながるんですね。

また、ロイシンには筋タンパク質の合成を促進する効果があります。




BCAAはいつ飲めばいい?

BCAAを2000mg以上摂取した場合、摂取後30分で血中BCAA濃度が最大になる、という事が分かっています。


2000mg以上摂取した場合、摂取後2時間経っても、BCAA摂取前より高い血中BCAA濃度を維持していたという事も分かっています。


なので、トレーニング前に飲み始め、トレーニング中にも飲み続けるというのが良いですね。

ただ逆に考えるとBCAAが体に届くまでに30分かかるという事でもあります。
なので、自分はトレーニング前から飲み始め、トレーニングを終える少し前に飲み終えるようにしています。

そうすることによって、トレーニング後に少しのどが渇いた状態でよりおいしくプロテインを飲めるということにも繋がります(笑)




実際BCAAは必要?

実際にトレーニングをする上でBCAAが絶対に必要かと言われれば、絶対に必要ではありません。

ただ、本気でトレーニングをするならぜひ摂取してみると良いでしょう。

また、トレーニング中のエネルギー源になるだけでなく、翌日の疲労軽減にもなりますし、今では多くの会社からいろいろな味のBCAAが出ており、単純にとてもおいしいので、それだけでよりトレーニングが楽しくなります。




まとめ

数あるワークアウトサプリメントの中でもかなり多くの人が摂っているであろう優れモノのBCAA。

適切なタイミングで適切な量を摂取し、より良いトレーニングライフを送りましょう。