エニタイムフィットネスに2年間通って分かったメリットとデメリット、評判。出会いはある?初心者や女性におすすめのジム??


24時間年中無休でなじみのジム、エニタイムフィットネス(Anytime Fitness)


2002年にアメリカのミネアポリスで1号店をオープンしたエニタイムフィットネスは徐々に規模を拡大していき、2010年に日本1号店となる店舗を調布市にオープンしました。


2020年現在では世界で4000店舗以上日本だけでも600店舗以上構えています。


現在も日本で開店予定の店舗がたくさんあります。


では実際の評判はどうなのでしょうか。


自分はかれこれ2年間程会員として利用しました。


その中で分かった、エニタイムフィットネスのメリットデメリットを紹介していきたいと思います。


メリット

  • 24時間365日使用可能



これはエニタイムフィットネスの謳い文句の一つでもありますね。


自分は加入前にはこれはさほど意識してなかったのですが、24時間開いてるというのはやはり非常にありがたいです。


気が向いたときに早朝や深夜などいつでも行けるのは良いことです。




  • 国内外問わずどこでも使用可能



東京、神奈川辺りならたくさん店舗があるので、その時の気分などによっていろいろな店舗を使用することが出来ます。


また、国内や海外に旅行に行った時でもキーさえあればジムに行けるのは本当に便利です。
旅行先でその土地のエニタイムに行くのも旅行の一つの楽しみになってます(笑)




  • 店舗数が多い



これは上で述べたメリットと被りますが、本当に店舗数が多いため、その時のトレーニング部位や気分によっていろいろな店舗を試せるので、良いです。




  • ジム内はシンプルできれいで使いやすい



プールやサウナや大浴場などがついておらず、ジム内は非常にシンプルな作りになっているため、始めて行った店舗でもすぐに何がどこにあるか把握できるので勝手が良いです。


またジム内も基本的に清潔に保たれています。




  • スタッフが最低限で余計な介入もない



ジムによっては結構スタッフの方がウロウロしていてたり話しかけたりして、気が散ってしまうようなジムもありますが、エニタイムは基本的にそういうことは無いです。
スタッフの方と話すことと言えば、基本的にはこんにちは~、お疲れさまでしたくらいですね。




  • 非常に混雑することは稀



これは店舗によるところもありますし、平日の夜などのピークタイムには混雑することもありますが、自分の場合はしばらく待っても自分の使いたいマシーンやベンチが使えなかったという経験はありませんでした。




  • 安い



値段は店舗によって違いますが、基本的に月7000円前後くらいでしょうか。


日本は全体的にジムは高い傾向にありますが、その中でもエニタイムフィットネスはかなり安い方ですね。


その分設備は最低限ですが、プールやサウナは必要ない! トレーニングだけしたいんだ! という方には良いのではないでしょうか。




  • 土足オーケー



以外とトレーニングシューズを持ち運ぶのって大変だったり、履き替えるも面倒だなって思ったりしますよね。


でもエニタイムでは外履きでそのままトレーニングしてオーケーなのです。




  • 比較的静か



まず市営ジムでよく見かけるようなずっと話してるお年寄りは見かけませんね。


友達同士で喋りながらトレーニングしてる人たちも土日とかはたまに見かけますが、基本的には少ないですね。





デメリット

  • 店舗によっては狭い



これは本当に店舗次第なのですが、都内の店舗などはアクセスは良い代わりに、非常に狭い店舗が多い印象です。


ですので、上級者の方やいろいろなマシーンを試したいという方は物足りないかもしれません。


もちろん狭い店舗になると、それに合わせてマシンやラックの数も少ないです。


逆に郊外や地方の店舗はそれなりのスペースがあって快適な印象です。




  • 設備が最低限



メリットの所でも何回か述べましたが、設備は基本的にはマシーン、有酸素、フリーウェイト、更衣室、シャワーのみで本当に必要最低限です。


トレーニングだけしたいと言う方にはお勧めですが、ほかの大手ジムにあるようなあれやこれやを求めてる方には良くないでしょう。




  • ロッカーがなく、荷物を置く棚があるのみ



基本的にはむき出しの棚があるのみで、そこに自分の荷物を置くことになります。


もちろん、ジム内はカメラが付いているでしょうが、基本的には自分で貴重品等を管理しなければなりません。


空いていれば月額プラス1000円ほどで、靴や小物を入れるくらいの大きさの鍵付きロッカーを借りることもできます。




  • あまり上級者の方はいない



これはデメリットなのかどうかは分かりませんが、すごいゴリゴリのマッチョの方は少ないなという印象です。


基本的に初心者~中級者くらいの方が多いように感じます。


大きいマッチョの方たちを見てモチベーションを得ようと思っている方にとってはデメリットになるかもしれません。




初心者におすすめのジムか?



上でエニタイムフィットネスのメリットとデメリットを書きました。


ではトレーニング初心者の方にはおすすめできるのか?




私個人的には初心者にもおすすめできるジムだと思います



やはり客層として初心者~中級者くらいの方が多いイメージですので、初心者の方でも違和感なく入りやすいと思います


また、どの店舗でも基本的に予約をすればパーソナルトレーニングをうけれると思いますので、そちらを受けるのも良いのではないでしょうか。



また、始めたばかりのうちはフリーウェイトでやるのも少し気が引けるなんてこともあるかもしれませんが、そういう場合は早朝や深夜など人の少ない時間に行っていろいろ試してみるといいでしょう。
(※くれぐれも安全には注意して行うようにしましょう。)



女性におすすめのジムか?



まず、女性のお客さんは他の大手ジムに比べると少ない印象があります。


エニタイムフィットネス自体がやはりスタジオ等がなくトレーニングをする方のみを対象にしているので、日本では必然的に女性のお客さんは少なくなってしまいますね。


ですので、そういった様々な施設や同じ女性トレーニーの仲間を作りたい、と言った方には向いてないかもしれません。


ですが施設自体はとても綺麗でオシャレな店舗が多いので、普通のトレーニングや有酸素を一人でやりたいと言った女性の方にはお勧めできるかもしれません。




出会いはあるのか?



結論から申し上げますと、男性目線から見てエニタイムフィットネスに出会いを求めに行くのはほぼ無理ゲーでしょう。



まず、大前提として上でも書いたように、他のジムに比べて女性のお客さんは少ないです。



また、基本的には他人同士が仲良くなって話すようになることはありません。
(もしあなたが超絶的なコミュ力を持ってるなら別ですが…)


ですので、基本的にそういった出会い目的でジムに通おうと思っているのであれば、エニタイムフィットネスはあまりお勧めできません。



まとめ


エニタイムフィットネスのメリットとデメリットをまとめると以下になります


メリット

  • 24時間365日使用可能
  • 国内外問わずどこでも使用可能
  • 店舗数が多い
  • ジム内はシンプルで綺麗
  • スタッフの介入はない
  • 超混雑することは少ない
  • 安い
  • 土足オーケー
  • 騒がしくない




デメリット

  • 店舗によっては狭い
  • 設備が最低限
  • ロッカールームがない
  • 上級者は少なめ
  • 出会いはない



総合的にみると、エニタイムフィットネスは非常におすすめできるジムです。


都内の店舗だとマシンも少なかったり、ダンベルも重い重量が置いてなかったりで上級者の方には物足りないかもしれません。


ただやはりたくさん店舗があって、24時間空いているというのは非常に便利です。


これから本格的にトレーニングを始めようと思っている方などにはお勧めできるジムです。