ジェイソンステイサム(Jason Statham)の筋肉の秘訣とは?筋トレ方法や食事は?






アクション俳優として数々の映画に主演し、日本でも非常に人気の高いアクションスター、ジェイソンステイサム(Jason Statham)



彼の代名詞と言えばその激しいアクションシーンですが、それと同時に非常に目を引くのが彼の身体ですよね。



まさに男が憧れるような逞しい肉体。



そういうわけで、今回は彼のその筋肉の秘密に迫りたいと思います。



どういった筋トレ方法や食事で彼はその筋肉を作り上げたのか見ていきましょう。









プロフィール

  • 身長   178cm
  • 体重   84kg
  • 生年月日 1967年7月26日
  • 国籍   イギリス
  • 職業   俳優










トレーニング




ジェイソンステイサムはその体を作り上げ、維持するために週に6回ほどジムに通うそうです。



そして筋トレ前にはウォームアップを欠かしません。



また、脂肪を燃やすために常に高心拍数を保つような高強度トレーニングを行います。



そしてウェイトを用いたトレーニングだけではなく、自重を使ったトレーニングも積極的にルーティーンの中に取り入れています。




これらの背景として、彼は筋肉を大きくするだけではなく、一流のアクションスターとして活躍し続けるために、その運動能力俊敏性を高めることに力を注いでいるからです。




以下はそんな彼のトレーニングルーティーンの一例です。





月曜 (サーキットトレーニング、ピラミッドセット法)

  • ローイングマシーン × 10分 (ウォームアップ)
  • プッシュアップ
  • プルアップ
  • 自重スクワット
  • スティフレッグデッドリフト
  • ハンギングレッグレイズ
  • トランポリン × 10分 (クールダウン)



火曜 (胸 / 肩、サーキットトレーニング)

  • ローイングマシーン × 10分 (ウォームアップ)
  • ベンチプレス
  • ミリタリープレス
  • ダンベルフライ
  • トライセッププレスダウン
  • Lシット
  • ファーマーズホールド
  • 自重スクワット
  • トランポリン × 10分 (クールダウン)



水曜 (インターバルトレーニング)

  • フロントスクワット
  • プルアップ
  • デクラインプッシュアップ
  • パワークリーン
  • ニートゥエルボー



木曜 (下半身)

  • ローイング (ウォームアップ)
  • 自重スクワット
  • フロントスクワット
  • スティフレッグデッドリフト
  • クランチ
  • プッシュアップ (クールダウン)



金曜

  • ロープ登り (ウォームアップ)
  • フロントスクワット × 5
  • メディシンボールスラム × 5
  • ローププル × 5
  • ベンチプレス × 10
  • メディシンボールスラム × 10
  • プルアップ × 15
  • メディシンボールスラム × 10
  • ディップス × 15
  • メディシンボールスラム × 15
  • ローププル × 20
  • メディシンボールスラム × 20



土曜 (有酸素運動)

  • トレイルランニング × 1時間



日曜

  • 休み





以上が彼のトレーニングルーティーンの一例ですが、非常に興味深いですね。



トレーニーがよく行うような部位ごとの分割ではなく、曜日ごとにテーマを決めてそれに沿ってトレーニングを行うようですね。



また、自重トレーニング高強度トレーニングなどをルーティーンに組み込むことによって、低い体脂肪率を維持し、アクション俳優として欠かせない運動能力俊敏性を高めているのでしょう。



彼のような体を目指しているという方は、この筋トレを参考にしてみてはいかがでしょうか。




 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

Jason Statham(@jasonstatham)がシェアした投稿






食事





彼ほどの身体を作り上げるにはもちろん食事の管理も絶対に欠かせません。



そこで彼はどのような食事を摂っているのか見ていきましょう。



以下は彼の食事ルーティーンの一例です。



朝食

  • 果物(パイナップル、イチゴなど)
  • オートミール



昼食

  • 玄米
  • 蒸し野菜
  • 味噌汁



間食

  • ピーナツバター、ナッツ、高たんぱくのお菓子など



夕飯

  • 牛の赤身
  • 鶏むね
  • サラダ



また、水を最低1日3リットルは飲むようにしているそうです。



そして、夜の7時以降は食事をしないようにしているそうです。



やはり、高たんぱく低脂質な食事で、野菜果物も多く摂取しているなど非常にバランスのとれた食事ですね。



彼ほどの筋肉で低脂肪を維持するとなるとやはり食事の管理も非常に大切だという事が分かりますね。





まとめ




いかがでしたでしょうか。



彼ほどの筋肉を作り上げ、そして維持し続けるにはやはりハードなトレーニングと徹底した食事管理が欠かせませんね。



既に53歳のジェイソンステイサムですが、これからもどんな肉体を映画で披露してくれるのか楽しみですね。



以上、ジェイソンステイサムの筋肉についてのまとめでした。