Sadik Hadzovic(サディーク・ハゾビック)の生い立ち、食事、トレーニング方法とは?

皆さんはこの男をご存じでしょうか。

その端正な顔立ちと鍛え抜かれた体。

彼の名はサディーク・ハゾビック

彼のプロフィール、そしてどのような食事やトレーニングを行っているのかを見ていきましょう。


プロフィール

  • 身長     180cm
  • 体重     83.9kg-88.5kg
  • 生年月日   1987年
  • 国籍     ボスニア
  • 職業     IFBBプロ、フィットネスモデル


生い立ち

ボスニアヘルツェゴビナに生まれた後、彼は家族とともに難民としてアメリカに移り住むことになります。

その後ニューヨークで育った彼ですが、非常にハードワークだった両親に教え込まれ、それが後に彼をフィットネス業界での成功へと導くことになります。

そして彼は若くしてトレーニングを開始しましたが、同時に細かった彼にとっては筋肉をつけることは難しいと感じていたようです。

15歳のころに、自分のその細い体がだんだんと嫌になっていきます。

また、当時の彼にとってのアイドルはスーパーヒーローでしたが、いつしか彼自身がスーパーヒーローにならなくてはと思ったそうです。

その後、彼はスーパーヒーローのような体を手に入れるために本格的にトレーニングを開始していくことになります。

その後数年間ハードなトレーニングを続けていましたが、そのハードワークがあまり報われてないと感じ始めたそうです。

なぜそうなったのか自分で分析した結果、食事にあまり気を使っていなかったということに気づくことになり、そこから食事を大幅に改善していくことになります。

より多くの回数の食事を行いマクロを計算するようにした結果、体は大きく変化していきました。

当初はスーパーヒーローのような体を手に入れる事が目標でしたが、それがいつしかプロのボディビルダーになる事へと変わっていきました。

その後彼は多くの大会に参加し結果を残し、25歳の時にプロカードを手に入れ、プロボディビルダーになるという夢を叶えました。




現在

自身の夢を叶えた後も、Mr.Olympiaで2位の成績を残すなど、数々の大会で素晴らしい成績を残しています。

2019年現在、彼のインスタグラムのフォロワーは290万人おり、名実ともに素晴らしい選手として活躍しています。




トレーニング

彼のトレーニングの特徴として、高重量高回数HIIT(高強度インターバルトレーニング)・休みの日を作らない、というのがあります。

以下は彼のトレーニングルーティンの一例です

月曜(背中)

  • デッドリフト   11-13 x 5
  • ラットプルダウン 11-13 x 4
  • ベントオーバーロー  11-13 x 4
  • 逆手懸垂   11-13 x 3
  • シーテッドケーブルロー 11-13 x 4
  • 順手懸垂   1セット

火曜(胸)

  • インクラインダンベルフライ  11-13 x 4
  • インクラインベンチプレス   11-13 x 5
  • マシーンフライ   11-13 x 4
  • ベンチプレス    11-13 x 5
  • ケーブルフライ   11-13 x 3
  • デクラインマシーンプレス  11-13 x 4
  • 腕立て  1セット

水曜(有酸素)

  • インターバルスプリント(1分休憩 1分全力疾走) x 5

木曜(脚)

  • レッグプレス  11-13 x 5
  • レッグエクステンション 11-13 x 5
  • レッグカール  11-13 x 5
  • ドンキーカーフレイズ  11-13 x 6
  • スクワット   11-13 x 4
  • ウォーキングランジ   1セット

金曜(腕)

  • プリーチャーカール  11-13 x 4
  • フレンチカール   11-13 x 5
  • ハンマーカール   11-13 x 4
  • トライセッププッシュダウン  11-13 x 5
  • バーベルカール   11-13 x 3
  • トライセップエクステンション 11-13 x 3

土曜(腹筋)

  • ケーブルクランチ 11-13 x 4
  • レッグレイズ  11-13 x 4
  • レッグアップ  11-13 x 4
  • プランク  11-13 x 4
  • トーソツイスト  11-13 x 4
  • トータッチ 11-13 x 4
  • レッグレイズ  1セット

日曜(肩)

  • ダンベルショルダープレス 11-13 x 5
  • シーテッドサイドレイズ  11-13 x 5
  • シーテッドフロントレイズ 11-13 x 5
  • シュラッグ  11-13 x 4
  • ミリタリープレス  11-13 x 4
  • アーノルドプレス  11-13 x 3

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ready to try my training programs that everyone been raving about?! Download now. LINK IN BIO

SADIK HADZOVIC(@sadikhadzovic)がシェアした投稿 –


食事

タンパク質と炭水化物の割合は2:1で、タンパク質と脂質を多めに摂り、1日に2500から2750キロカロリーを摂取しているそうです。

また、彼はパレオダイエットをずっと行っており、乳製品などは避けているそうです。

以下は彼の食事例です


  • ささみ 230g or ターキー or 卵白8-10個、オート麦
  • 赤身 230g、白米
  • 魚230g、芋
  • プロテイン
  • 魚230g、アスパラガス or ブロッコリー
  • ささみ230g or ターキー or 卵白8-10g、黄身 or アーモンド


“クリーンに食べることと頻繁に食べることの大切さに気付くまでは、そんなに大きくなることはできなかった。”



まとめ

以上、サディク・ハゾビックのまとめでした。

食事やトレーニング方法などとてもこだわりがあるのですね。

これからもサディク選手の進化から目が離せません。