スティーブンカオ(Steven Cao)のプロフィール。国籍は?食事・トレーニングメニューは?GymSharkアスリート?





2020年のアーノルドクラシックフィジーク部門で3位に輝き、今まさに絶好調のスティーブンカオ(Steven Cao)



そんな彼がどのような食事やトレーニングをしているのか、彼のプロフィールと共に見ていきましょう。









プロフィール

  • 身長   177.5cm
  • 体重   83.9-88.5kg
  • 生年月日 1994年11月21日
  • 国籍   アメリカ
  • 職業   ボディビルダーパーソナルトレーナー





生い立ち




スティーブンカオはバスケットボールの為のバルクアップの手段としてウェイトリフティングを始めます。



16歳の時にバスケットボールで活躍していくにはサイズアップが必要だと思い、それからウェイトトレーニングを開始したようです。



しかし程なくして、スティーブンカオはバスケットボールを止めてボディビルディングの道を選ぶことになります。



そこからトレーニング、食事に打ち込んだ彼は見事な進化を遂げ、2016年NPC John Kemper Classicでフィジーク選手としてデビューし、1位を獲ります。



そして翌2017年Jr.Nationalsのオーバーオールで優勝し、見事プロカードを手に入れます。



同じ2017年にSan Jose Proでプロデビューを飾ったスティーブンは見事4位に輝きます。







現在




若くしてフィジーカーとして成功したスティーブンカオは同時にソーシャルメディアでも頭角を現し、一躍人気者に。



そしてファンに彼の経験を還元すべく、トレーナーコーチとしての仕事も行っています。



2020年現在では、Instagramのフォロワーは75万人Youtubeでの登録者数は20万人の人気者です。




トレーニング





彼の理想の体は、大きな肩広い背中鍛えられた腹筋小さいウェスト、とまさに理想的なフィジーカーのような体を目標としているそうです。



また、スティーブンカオのトレーニングは長時間に渡り、90分から150分かけて行うようです。
インターバルの時間を長くすることでトレーニング全体を通して強度の高いトレーニングを出来るようにしています。



彼のトレーニング動画を見ていると、非常に多くの種目を1セッションでやっている印象が強いですね。


以下は彼のトレーニングルーティーンの一例です。


1日目 / 胸

  • ダンベルインクラインプレス
  • マシーンインクラインプレス
  • インクラインダンベルフライ
  • ディップス
  • プッシュアップ
  • ケーブルフライ

2日目 / 背中

  • プルアップ
  • バーベルロウ
  • シーテッドケーブルロウ
  • Tバーロウ
  • ラットプルダウン
  • スタンディングケーブルロウ
  • クロースグリップラットプルダウン
  • スティフレッグデッドリフト

3日目 / 肩

  • ダンベルプレス
  • ダンベルアップライトロウ
  • バーベルオーバーヘッドプレス
  • フロントレイズ
  • ケーブルリアデルトフライ

4日目 / 脚

  • レッグエクステンション
  • スティフレッグデッドリフト
  • レッグプレス
  • リバースレッグエクステンション
  • バーベルスクワット

5日目 / 腕

  • スタンディングダンベルカール
  • ダンベルオルタネートカール
  • ダンベルハンマーカール
  • シーテッドダンベルカール
  • トライセッププッシュダウン
  • ケーブルトライセッププッシュダウン
  • ケーブルカール
  • EZバーカール
  • ケーブルダブルバイセップカール








食事




スティーブンカオはシーズンを通してクリーンな食事を心がけているそうですが、食事に飽きない様に、様々な種類の物からタンパク質を摂ったり、少し味を加えるなどの工夫をしているようです。



以下は彼の食事の一例です。


バルク期

  • 卵白、全卵、肉、チェダーチーズ、ほうれん草、オートミール、プロテイン
  • 鶏むね、白米
  • エビ、白米
  • クリームオブライス、アーモンドバター、プロテイン
  • ティラピア、白米
  • プロテイン、ピーナツバター

減量期

  • プロテイン、アーモンドバター
  • ターキー、白米
  • ティラピア、白米
  • 鶏むね、ブロッコリー
  • プロテイン、ピーナツバター




GymSharkアスリート?




以前はGymSharkアスリートとしてジムシャークからスポンサーを受けていたようですが、2020年現在はもう既に違うようです。



2020年頃からGymSharkのウェアを着なくなっていましたが、もう契約はしていないというような事をインスタグラムで言っていました。



ジムシャークとの間に何があったのかは詳しく語っておらず、不明です。



なお今はBPIスポーツからスポンサードを受けているようです。



 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Late night session going 👇🏽 3 weeks to give this my all. #arnoldclassic2020 @arnoldsports @_cutz_ @bpi_sports @trifectasystem

STEVEN CAO(@stevencao_)がシェアした投稿 –





国籍は?ルーツはどこ?




スティーブンカオの国籍はアメリカですが、見た目やラストネームからしてアジア系の血が入っているでしょう。



具体的にどこの国にルーツがあるのかは調べても分からなかったのですが、アジア系のフィジーカーがここまで活躍しているの事は日本人にとっても非常に励みになりますね!



まとめ




以上、スティーブンカオのまとめでした。



いかがでしたでしょうか。



若いうちからフィジーク選手として成功し、直近の2020アーノルドクラシックでは見事3位となったスティーブンカオ。



上の2人の選手に比べて少々バルクが足りなかったのかな?というう感じでしたが、彼の体はまさにフィジーク選手と言った感じで、個人的に非常に好きな選手の一人です。



順調に毎年成長を遂げている彼がプロの大きな大会で優勝する日もそう遠くないかもしれませんね。



これからも彼の活躍に注目していきましょう!