ユリシスジュニア(Ulisses Jr)の食事、トレーニング方法の秘密。年収は〇億?





その美しすぎる体からフィットネス界で非常に人気の高いユリシスジュニア(Ulisses Jr)



そんな彼が一年中この体をキープするために、どんなトレーニング方法や食事をしているのか、彼のプロフィールとともに見ていきましょう。












プロフィール


  • 身長  177.5cm
  • 体重  88.5 – 93kg
  • 生年月日 1976年5月5日
  • 国籍 アメリカ
  • 職業 ボディビルダー、フィットネスモデル、トレーナー、経営者









経歴





1976年ニューヨークで生まれたユリシスジュニアは子供の頃から様々なスポーツを行っていたスポーツ少年でした。



しかし同年代の中で非常に小柄だった彼は、より良い成果を出すためにジムに行ってウェイトトレーニングを開始します。



筋トレを開始した後はすぐに自分のボディビルディングの才能に気づき、本格的に打ち込むようになりました。



そして自身の身体を変化させていき、19歳の時にフィットネス界でのキャリアを思い描くと同時により真剣にトレーニングに打ち込むようになったそうです。




その5年後の2000年、彼が24歳の時the 2000 Platinum Classic NYCのNovice Middleweight部門で見事に優勝を飾りました




その後は2013年までに、主にマッスルマニアで好成績を残し続けます。




そしてその時には既にボディビルダーとしては可能な事はすべて成し遂げたと感じたユリシスジュニアは、次のステップへは自分の経験を活かし他人を改善することだと考えました。




そしてロンドンに移り、Reebok Sports Club Londonのディレクターに就任し、コーチとしても成功を収めます。













現在 / 彼の年収は?




ボディビルダーとしてもコーチとしても大成功を収めたユリシスジュニアは世界中で非常に人気が高く、2020年現在、ユーチューブの登録者は54万人インスタグラムのフォロワーは730万人もいます。



そして彼はULISSES WORLD(ユリシスワールド)というWebサイトにて自身のサプリメントやアパレル、トレーニングプログラムなどを販売しております。




彼の純資産は$1.6m(およそ1億6000万円)と推定されています。




また、彼のインスタグラムの投稿の収入は推定5000万円あるとされています。




それに加えて、アパレル、サプリメント、オンラインコーチ、スポーツクラブのディレクター、Youtubeなどでの収入を足していったら年収は少なくとも軽く数億円を超えるでしょうね。
















トレーニング






彼ほどのコンディションを常に維持するためにはどのようなルーティーンで、またどのような工夫をしてトレーニングを行っているのでしょうか?



まずは彼のトレーニングルーティンから見ていきましょう。




月曜(脚)

  • バーベルスクワット
  • レッグプレス
  • カーフレイズ
  • レッグエクステンション
  • ライイングレッグカール
  • スティフレッグデッドリフト
  • シーテッドカーフレイズ
  • バーベルランジ 100rep (フィニッシャー)



火曜(背中)

  • デッドリフト
  • 加重プルアップ
  • ワンハンドダンベルロウ
  • ケーブルロウ
  • ラットプル
  • バックハイパーエクステンション
  • ダンベルプルオーバー 100rep (フィニッシャー)



水曜(胸)

  • インクラインベンチプレス
  • ベンチプレス
  • ダンベルフライ
  • ダンベルデクラインプレス
  • ダンベルクローズプレス
  • ケーブルクロスオーバー 100rep (フィニッシャー)


木曜(肩)

  • ミリタリープレス
  • サイドレイズ
  • アーノルドプレス
  • ダンベルフロントレイズ
  • ダンベルリアレイズ
  • ダンベルシュラッグ
  • アップライトロウ 100rep (フィニッシャー)



金曜(腕)

  • バーベルカール
  • リバースバーベルカール
  • クロースグリップベンチプレス
  • ハンマーカール
  • ケーブルトライセップエクステンション
  • プリーチャーカール
  • ディップス
  • ライイングダンベルカール (フィニッシャー)



土曜(自由)

  • 劣っている部位など



日曜(休み)



これはあくまでユリシスジュニアのトレーニングルーティーンの一例ですが、彼は筋肉を刺激し続けるために、常に柔軟にトレーニングメニューを変化させています。




トレーニング自体は基本的に5セットで12-15レップの高回数で行います。



やはりトレーニングは人それぞれ合う合わないがありますが、彼の場合は高レップのトレーニングが体が良く反応するそうです。




また、彼のトレーニングの特徴として、そのトレーニングの最後に行うフィニッシャーと言うのがありますね。



これは常に毎トレーニング限界を超えて追い込むための物です。



相当なボリュームをこなした後に、最後に100レップのフィニッシャーで締めるというえげつないトレーニングをしているからこそ彼の身体を維持できるのでしょうね。




また、有酸素運動としては、トレーニングの後に15分のHIIT(高強度インターバルトレーニング)を取り入れていたそうですが、2015年以降はクリーンな食事と高強度なトレーニングでコンディションを維持しているそうです。
















食事




そんなユリシスジュニアはもちろん食事管理も超一流です。



インスタグラム等を見ても、彼は常に一年中良いコンディションですが、やはりそんな彼ですので、あまりオフシーズンと言う概念はなく、基本的には常にクリーンな食事を続けています。



また加工食品を一切取らず、オーガニックの食品を中心に1日に8食摂取するそうです。



1日8食と言うのはボディビルダーの中でも多い方ですよね。




以下は彼の食事例です。



1食目

  • ホエイプロテイン 40g、お茶 1杯



2食目

  • 茹で卵白 6個
  • オートミール 半カップ
  • グレープフルーツ 半分
  • BCAA 1杯



3食目

  • ホエイプロテイン 40g



4食目

  • 鶏むね 170g
  • 玄米 半カップ



5食目

  • ツナ 170g
  • ほうれん草
  • バナナ
  • 亜麻仁油



6食目

  • ホエイプロテイン 50g
  • ヴィターゴ
  • グルタミン
  • BCAA
  • マルチビタミン
  • ビタミンC



7食目

  • ティラピア 170g
  • ほうれん草
  • さつまいも



8食目

  • カゼインプロテイン 2杯
  • フィッシュオイル
  • グルタミン







このように彼の食事を見てみると、高たんぱくでありながらも無駄な脂質が全く無く、非常にクリーンな食事だという事が分かりますね。




これだけクリーンな食事を維持していることを考えるとユリシスジュニアが年中コンディションが整っているのも納得ですね。




まとめ




以上、ユリシスジュニアのまとめでした。




ボディビルダーに留まらず、インフルエンサーとしても非常に人気の高いユリシスジュニア。




それに至るまでにあった、彼の常に向上心を持ち続ける姿勢には頭が上がりません。




また、それを可能にした彼の食事やトレーニングでのストイックな努力と言うのはトレーニーならば見習わなければいけませんね。